FX完全攻略!FXで稼ぎ続ける投資ブログ
FXトレード歴6年目。デイトレード・指標トレード・スワップで月収50万~100万円。実体験をもとにしたFXトレードの情報系ブログです。実際に利用したFX会社の口コミや評判も公開!

好評 エコトレFXの使い方を教えますNEW 2011年FX会社完全ガイド
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓10万円入金と1回の取引で貰えます!結構お得    外為オンライン

FX 口コミ


2009年度FX口座開設比較サイト
http://blog-imgs-19.fc2.com/c/h/o/chonhk/gaikokukawasenavi2.gif
FX 口コミ

FXの取引手数料

FXの手数料はちょっとややこしいので、解説します。

株式投資違ってFXの手数料は抜け幅で考えます。普通通貨を売り買いするときの手数料だけだと思われがちですが、Bid(ビッド)とAsk(アスク)の差である

スプレッドも往復の売買を考えた場合は手数料となってきます。

Bidは買値のこと、要はこの金額なら買いますという提示額のことです。逆にAskは売値のことです。

FX業者を選ぶときはこの往復分の取引手数料と手数料を考慮にいれた、往復売買のトータルコストで考えなければ、複数の業者間で手数料を比べることはできません。

例えば今NZドルと円のレートがBid 85.04 Ask 85.10となっていたとします。このBidAskの差が、まず1つ目の手数料となります。さらに、この業者の1万通貨あたりの取引手数料が片道500円の場合、NZドルを1万通貨買って売った場合の往復手数料は.....

スプレッド      6銭×1万通貨単位=600円

取引手数料    500円×2=1000円

手数料合計    600円1000円1600円

となり往復の手数料は1600円となります。これを1通貨あたりに直すと往復で16銭必要となります。この1通貨あたりの往復コストを抜け幅と呼びます。買ってからいくら上昇すれば手数料を抜けるかと言う意味で、1通貨あたりに直すとコストがイメージしやすいので、業者を選ぶときは抜け幅で考えるとわかりやすいです。

この2つの手数料はどちらもFX業者によって異なるので、FX業者の手数料を比較する場合は取引手数料とスプレッドのどちらか1つを選ぶのではなく、

両方を考慮した抜け幅で比べる必要があります。

--------------------------------------------------------------------
【  PR記事 】

--------------------------------------------------------------------


スポンサーサイト

↓10万円入金と1回の取引で貰えます!結構お得    外為オンライン

FX 口コミ


2009年度FX口座開設比較サイト
http://blog-imgs-19.fc2.com/c/h/o/chonhk/gaikokukawasenavi2.gif
FX 口コミ

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://chonhk.blog79.fc2.com/tb.php/7-13ce0737
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。